導入機種:オザキガスピザオーブン ヴィンテージ    
レストランバー
「BARBARA market place Grand Royal」
 様
大阪府大阪市北区中崎西2-4-29  

梅田最大級の大箱レストランバー「BARBARA market place」は、最近、北地区で注目が集まる中崎町にある。関西では本店を含め、3店舗を展開している。コンセプトは “ヨーロッパ市場”。文字通り 「チーズ屋、魚屋、肉屋、野菜屋」 など、市場の食べ歩き気分を味わうことができる。
店内は、テーブル席とカウンター席を併せ、144席の大広間。モロッコランプの灯りと新鮮な食材が吊り下げられ陳列されており、一歩足を踏み入れれば、そこはヨーロッパの街角にある “市場 ”。ヨーロッパ各地方の料理をカジュアルに、一皿でたくさんの種類を楽しめるよう、100種類以上のタパス(小皿料理)を手軽なサイズとプライスで提供している。中でも300℃以上の高温で食材を焼き上げる 『石窯料理』 がオススメ。そのひとつに 『コカ』  がある。コカとはスペイン語で “ピザ” の意味。石窯で調理した “アツアツ” のコカは、アイスやフルーツとの組み合わせが絶妙。また、スタンダードに 『チーズコカ』 として楽しめる。

オザキガスピザオーブンは石窯料理に最適
「製品を検討する際、コカ料理には “高温での調理” が必須条件となるが、本格的な薪窯は火力は充分でも “立ち上がり” に時間がかかりすぎる上、焼きの際に発生する 煙や煤、さらに薪の調達や保管場所の確保などの問題が発生する。薪窯と比較した場合、オザキガスピザオーブンは、“ガス式”なので立ち上がりが速く、強火力。調理温度400℃以上で焼くことができ、炉床温度がじっくり上がり、焼き加減もいい。また、薪の保管の必要もない。それらを考慮しました。」
「検討課題をクリアできたので、オザキガスピザオーブンヴィンテージ2台の導入を決定しました。」と中塚総料理長は語る。

ガスの火の焼き上がりに大満足
「仕上がりについて、コカ料理の焼き加減は全く問題なかった。但し、コカ専門店ではないので、それ以外の石窯料理の仕上がりが気になったが、心配はありませんでした。石窯ハンバーグや石窯カレーをはじめとして、魚・肉・野菜などの各種石窯料理にも最適。特に石窯カレーは、表面がサクッと香ばしく仕上がり、お客様からもうまいと好評です。充分な手応えを感じています。炉内が広く、炉床の温度帯が様々なので食材を選ばず、焼き加減は思い通りの仕上がりで申し分ない。」と語る。
『バルバラマーケットプレイス』は2007年4月に東京丸の内に初上陸。店舗数の拡大に益々力が入る。
北地区で最近注目されている中崎町

店内はまさに  … ヨーロッパ市場 …
その演出にマッチしたオザキガスピザオーブン


調理温度400℃以上の本格的ガスピザオーブン
OZガスピザオーブンヴィンテージ

バルバラ名物 石窯カレー

チョコバナナの石窯カスタードコカ
戻る