オザキの美味しいお店拝見!「CHASECO」様
エントランス 渋谷駅から文化村通りを抜けて東急本店前の角を曲がるとすぐのところに今回、訪問する「CHASECO(チェイスコ)さんがあります。

オーナーの斎藤さんは10年あまりの間、ハワイでお仕事されていたそうです。そして2013年8月に渋谷・道玄坂にオープンしたお店が「CHASECO」です。定番の質問、店名の由来をお聞きしたところ、斎藤さんの在米中のニックネーム “Chase” からネーミングされたとのことです。

「CHASECO」さんの料理のコンセプトは “アメリカで食されている - イタリアン” とのこと。ひと味ちがうイタリアンを楽しめそうです。まずは論より証拠ということでお料理をいただいてみることにしましょう!
落ち着いた雰囲気の店内
大人のための落ち着いた雰囲気を感じさせる店内はカウンター席とテーブル席を合わせて21席ほどで、お客様へのサービスが、よく行き届く広さです。

ご使用中の製品 現在、厨房で弊社のガスレンジとステイカーをご使用いただいています。オザキ製品を導入した決め手はという質問には 『オーブンの温度設定が400℃まで可能だったから』 とのお話しでした。ラザニア、ピザ、フォカッチャ、そしてデザートのプリンなど、幅広く利用されています。

ステイカーに関しては、肉料理、魚介料理はもちろん、付け合せの野菜などもステイカーでグリルして提供しているので、出番は多いようです。「やわらか牛タンのグリル」は厚い牛タンが口の中でとろけ、「米沢豚肩ロースのグリル」はソースとの相性が抜群です。素材のおいしさを最大限引き出すべくグリルを使いこなしていらっしゃいました。
メニュー1
ボリュームたっぷりな「自家製ラザニア」は、濃厚なチーズとトマトソースのバランスは言うまでもなく、こんがりとした焼き加減が絶妙な一品。イタリアのモツ料理「トリッパのトマト煮込み」は丁寧に下ごしらえされているので臭みも少なく、モツ独自の触感が楽しめます。
メニュー2
「3種のピザ」はマルゲリータ、ゴルゴンゾーラ、そしてエビ&オニオン。特にエビ&オニオンピザは、さっぱりとして飽きがこない味でお勧めです。


飲食店激戦区の渋谷にふさわしい質の高い料理を楽しんでいただけるお店。Bunkamuraからも近く、音楽、絵画などを楽しんだ後に立ち寄れば、胃袋も大満足になること請け合いです。なお、貸切にも応じてもらえるので女子会などにもお勧めです。 (取材日 2014.1.27)
CHASECO 東京都渋谷区道玄坂2-25-5 島田ビル2F  TEL03-6427-8225

戻る